うちわのマナー

うちわミニ知識

うちわミニ知識トップ > うちわのマナー

うちわのマナー

さてオリジナルのうちわに関してですが、極力安くつくりたいと思うならば、やはり自分でデザインをして骨組みのみを買うという方法が一番安くつくかと思います。

もし時間があるのならば、文字もシールにするのではなく自分でワードでうちこんで印刷をし、それをもとにうちわに貼るという作業をすれば安く済みます。

時間がある時には自分で全部作ってもよいですが、時間がない時や大量に作成する場合などには業者に頼むという方法もあります。

販促うちわ印刷を行っている業者の中から探すと様々な種類、サイズ、本数のものが見つかります。

ですのでその時の自分に一番あった方法を選べばよいのではないでしょうか。

またうちわをコンサートで使用する場合には、マナーを守った使用が必要です。

例えばコンサート会場周辺のファミレスなどでうちわを作るというのはお店からすると迷惑ですし、うちわをずっと高くあげていると後ろの人が見えません。

基本的には肩の高さというのがルールとなっています。

またうちわのサイズを規制している場合もあります。

あまりに大きなものだと周りの迷惑になるからです。

目立ちたいからといって大きすぎるものはやめましょう。

作る際には事前にサイズを確認しておいた方が良いでしょう。

マナーを守って楽しくうちわを使いたいですね。

オススメサイト内記事

更新!

オススメサイト外記事